レーザー白内障手術について

以前の記事に書いたことをきっかけに、レーザー白内障手術について調べていました。この手術が日本で初めて行われたのは2012年だということです。
https://www.cataract.co.jp/menu/hakunaisyo/
やはり、ここ数年に進歩した最新の治療法なのですね。徐々にレーザーによる白内障手術を行える病院は増えていっているのではないでしょうか。今後、白内障の手術を受ける人にとってはありがたい技術ですね。
眼科だけではなく、他の診療科においても医療技術は着実に進歩していっていると予想できます。たとえば、最近歯医者に定期検診に行った時のこと、今後の治療の説明の中で新しい技術を使うことの説明を受けました。昨年は導入されていなかった治療法なのですが、個人的なことながら昨年こそ歯のトラブルに見舞われ苦労したので、惜しい気がしたものです。

さて、6日に発生した台風13号ですが、本日未明に温帯低気圧に変わったそうですね。台風と呼べるかどうかは、熱帯低気圧であったところに冷たい空気が混じり、構造が変わった時に温帯低気圧となります。また、熱帯低気圧のままであっても、中心付近の最大風速が34kt以上かどうかによって台風と呼べるかどうかの基準が設けられています。