日本の気象学

Featured

気象学気象学は自然科学の分野であり、地球の大気で起こる現象や個々の流体現象を研究する学問である。気象を長期的な傾向から、現代では気象学と気候学をまとめて大気科学と呼ぶこともある。そして、予測という実用に特化した分野が気象予報である。このような気象は、私達の生活との関わりが深くこれらの研究は古代文明より行われてきている。古代ギリシャでは気象や彗星・流星などを研究する学問をMeteorologicaと呼び風や雨の仕組みを論じている。中国においても陰陽説などが代表とされる研究であろう。その後の近代化によって、科学的な観測がはじまっており、気圧計によって気圧変化と天候の変化の関連性が発見され温度計も活用されるようになった。このような測定器によって科学的な気象観測が始まっている。このような科学的な研究が進み、天気図が作られるようになり、気圧配置や天気の関係を明らかにされるようになった。また、電信の発達によって、気象観測データを瞬時に集めることが技術的に可能になるアメリカで気象観測網が構築されるようになったのである。日本では、明治に東京気象台が設置され天気予報が開始され、中央気象台が発足されるとともに日本の気象学が本格的に勃興することになっている。